空き家問題実家処分など対策を考える

空き家は負債!税金を払うだけの負債なのです!

 

実家が空き家になってしまったけど、毎日忙しいので問題を放置している!というあなた。

 

あなたのような方って、実はとても多いです。

 

住んでいた親が亡くなって、法事もなんとかこなした。普段は毎日仕事が忙しいので、ちょっとした休みを取ることも難しい。ましてやよくわからない不動産のことなんて、何をしていいのかすらわからない!!できることならそのまま放置したい。見なかったことにしよう。と思うのも無理はありません。

 

空き家って、今とても増えています。

 

総務省統計局の調べでは平成25年の実績で、空き家の割合は住宅全体の13.5%です。家が10軒あったら1軒は空き家なんです。とても多いと思いませんか?しかもこれからもっと増えそうなんです。

 

その空き家。現状どうなっているのか?というと。。放置されているだけなんです。
主要な不動産サイトの物件を一括で見られるサイトがあります。ここで売りに出ている中古マンションと中古住宅の数は約46万件。(これは重複をたくさんしています)。一方で、空き家の数は820万戸です。つまり空き家の約5%が売りに出されているだけで、あとの95%の空き家は放置されているんです。

 

あたなは、家や土地は資産だと考えていませんか?

 

土地は坪いくらとか。家も購入したときは何千万円したからとか、それなりの金額になると思っています。
それは、【売れれば】の話です。売れなかったら1円にもなりません。

 

「毎年支払いしている固定資産税には、評価額って書いてあるよ!?これだけの価値があるんでしょ?」
お答えします!それだけの価値はありません!それは役所が税金を取るために、市場価格とは関係のない金額を勝手につけているものです。

 

試しに役所へ行って、その金額でその不動産を買ってくれとか、それで税金払います!と言ってみて下さい。相手にされません。
築30年40年経過した建物に評価額がついていることがおかしいんです。

 

もし実家の空き家を放置したままにしておくと、誰も買ってくれない。そして税金はずっと支払い続けなければならない。ただのお荷物。負債になってしまいます。

 

そうなりたい方は、そのまま放置してください。空き家を負債にするのはイヤだ!という方は読み続けてください。(^^)

 

 

空き家は今すぐ査定に出す

 

空き家は今すぐ査定して売りに出しましょう!

 

決断しましょう!でも決断の必要はありません!!

 

今すぐ「家を売ってしまおう」という決断はできないと思います。
現在空き家といっても、今後利用するかもしれないですね?あなたじゃなくても兄弟とか子供たちとか。

 

なので、「家がいくらで売れるか調べよう!」という決断をしてください。(^^)簡単でしょう?

 

無料でネットで申し込みできます。最初はあなたが家にいて立ち会う必要もありません。不動産屋が番地と外観から売却価格を査定して連絡してくれます。概算でいいなら地域の町名などから算出してくれます。

 

一括査定は、有名どころがいくつかありますが、ここがいいです。

 

一戸建てならこちら。地方都市などでも不動産屋が希望した地域でしか検索結果に表示されませんので、親身になって査定してくれます。
【スモーラ】不動産一括見積査定

 

 

>>>戸建て一括査定依頼<<<

 

マンションならこちら。上記の戸建てと同じ会社が運営しています。
無料査定の【マンションナビ】

 

 

>>>マンション一括査定依頼<<<

 

 

空き家は売却しないと。。今のタイミングを逃せば、大損!!?

 

空き家は早めに売却しましょう。

 

平成27年2月に、空き家対策特別措置法が施行されました。
放置された家を解体せよとの通告。対応しない場合には強制解体。固定資産税のアップ。などができるようになったんです。

 

そもそもなぜこんな法律が出来たのか?簡単です。放置されている家が多いからなんです。

 

実家が空き家になっちゃったのを売りにも出さず放置しておくと

、いつのまにか5年。10年と時間が経過してしまうのです。家が古くなっていってしまい、結局、売り物にもならず、解体するのも費用がかかるのでしない。ひたすら税金だけを払い続けるものになってしまうんです。そのときに後悔するんです。まだ売れるうちに売って処分してしまえばよかったと。

 

不動産は東京オリンピック需要で価値が上がる!なんて場所はごくごく一部で、その他大部分の土地は値下がりを続けています。一番高いのは今です!売れる可能性が高いのも今です!時間が経過するにつれてどんどんと状況は悪化していきます。

 

実家の空き家はいつか誰かが使うかも。。?と思っても、そのいつかはやってこないでしょう。もし後日使いたいとなったときには、安くなったほかの中古住宅を購入しましょう。
売れるうちに売ってしまってください。中古住宅はこれからどんどん供給されてきます。誰もあなたの家に見向きもしなくなるときがやってきます。売れなくなってからでは遅いのです!

 

 

空き家は売れないことだってある。というか売れない。

 

 

家や土地なら必ず価値がある!と思うのは間違いです。

 

誰かが住みたいと思う場所だから売れるのです。誰も住みたくない場所であれば、ほしい人がいない→売れないということになります。

 

家を買おう!と思っている方は、ご夫婦なり、子供のいる家族ですね。奥さんの意見ってとても強いです。

 

中古住宅といっても、まだまだキレイで新しいもの。築浅のものであれば、売れる可能性は高いですが、女性ってやっぱり新しいものって大好きなんです!
どうせなら新築の家が欲しい!と言われてしまうことがあります。
とすると。当然中古住宅は売れません。

 

アパートは特に顕著ですが、一戸建ても、ハウスメーカーさんは家を作って売るのが商売です。買う人が少なくなっているにもかかわらず、毎年たくさんの家が建築されています。買う人が少ないと。。。!?当然、値段が下がります。購入しやすくするためですね!買う人も、それだけ安いなら中古なんかじゃなく、新築で購入しよう!!と思うんですよ。

 

ちなみに。平成27年に、新しく建築された家・マンションの数(新設住宅着工戸数)は。。。!909299戸!約91万戸です!
そのうち、注文住宅は28万戸。新築貸家は38万戸。建売マンションが12万戸。建売一戸建てが12万戸です!

 

放置された家があまっているというのに、新しく建設された家が平成27年だけで91万戸ですよ!!

 

有名ハウスメーカーも!有名アパート建築メーカーも!!家やアパートを毎年たくさん作って売っている実感が少しはわきますか?

 

残念ながら日本では、家は消費するもの。数十年で壊すもの。という感覚なんですよね。もったいないとは思いますが。

 

築30年を超えた家は、10年乗った乗用車のようなものです。値段のついているうちに売らないと、自分で廃車費用を負担しなければならなくなります。

 

使わない家は手放しましょう。絶対におすすめです。

 

築30年築40年の木造住宅を売るには?

 

空き家は築年数が経過しても売れるのか?!

 

相続などで自分のものになった住宅は、とても古い場合が多いですよね。築30年!築40年!なんてこともあるかと思います。

 

木造住宅は、どれくらい利用できるものでしょうか?木造住宅の法定耐用年数は22年。木造の骨組みだけであれば40年50年でも利用可能だとは思います。

 

じゃあ、なぜそれほど長く使わないのか?それは、キッチン・お風呂など大きな設備が30年ほどで寿命となってしまうからです。リフォームに多額の費用をかけるなら、建て替えたほうがイイ!と建替をする方が多いのです。

 

それを踏まえた上で。築30年の家の価値を考えると。査定額マイナス100万円です!!100万円はその家の解体費用です。

 

家のほうは、いつまで使えるかはわかりません。水周りなどいつダメになってもおかしくないのです。

 

土地の価格にマイナス100万円程度が、適正な価格だと思います。住宅は建てたときは数千万円したかもしれませんが、築30年となったら価値はないと思ってください。

 

もしキッチン・浴室・トイレなどリフォームしてあるのであれば、査定額0〜数百万円ぐらいまでは見てもいいと思います。
購入した方は、可能な限り家を使い倒してから、家を新築するという!お金の使い方のうまい方だと思います。(^^)

 

 

さてそれが築40年となると。。。!耐用年数をはるかに超えているので、家のほうはもうほとんどダメですよね。
土地が人気のあるところでないと、売れないと思います。査定額としては、土地の価格マイナス100〜200万ぐらいでお考えください。

 

 

それを踏まえた上で、実際に不動産屋に見積もりを取ってください。
土地の価値は立地によって、大幅に変わります。あなたの家が人気のある場所にあるといいですね!

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

>>>空き家の査定依頼はここをクリック<<<